HOME>特集>事前に検討しておくべきポイントを押さえよう

目次

価格で選ぶ

演奏

中古ピアノの価格は、新品よりは安いものの、大きく幅があります。迷ってしまい選べないといったことを避けるためにも、予め、これ以上は出せないといった上限と、希望の価格を設定しておくことが大切です。予算は購入時の目安となるので、価格の設定は最初に試すべき選び方と言えるかもしれません。

音やタッチで選ぶ

中古ピアノを購入する場合、チェックするポイントはいくつかありますが、まずは実際に弾いてみて、音を確かめることが大切です。メーカーによって音色が違うといった特色もありますが、色々と説明を聞くよりも自分の耳で聞いた方がわかりやすいのではないでしょうか。それに、音を出すことで鍵盤のタッチを確認出来ますし、調律の必要性を確かめることも出来ます。中古ピアノは、同じ年式、ブランドのものでも使用頻度や使い方によってピアノの状態が変わるので、実際に音を出してみないと分からない部分も多くあります。ピアノを弾いて音を出す方法は、とても簡単であり、確実な選び方の1つと言えます。

スペースや環境から選ぶ

中古ピアノをどこに置き、どの様に使うかといった環境面から選ぶ方法も役に立ちます。グランドピアノが欲しくても、アップライトを置くスペースしかなければ選べませんし、一口にアップライトと言ってもスタンダードタイプのものから、コンパクトサイズのものまで大きさは様々です。また、マンションに住んでいる場合や夜間の練習を想定している場合には、消音機能があると便利かもしれません。ピアノを置くスペースや使い方から判断するのは、失敗の少ない選び方と言えます。

広告募集中